メンマの 0 %が輸入品

メンマが竹からできている。って知っていますか?

みなさんが食べているメンマのほとんどが輸入品だということも。

でも、国産メンマが全くないわけではありません。

とっても希少な1%の国産メンマを、

「食の宝庫 淡路島」からお届けします。

放置竹林の有効活用プロジェクトから生まれた国産メンマ

淡路島の竹林面積は拡大の一途をたどり、1980年に544㌶あった竹林が 2000年には2,340ha、 2010年には2,660haへと増加しており現在も拡大しています。

 これら放置竹林は野生動物(鹿・猪)のすみかとなり、農作物への被害が深刻化しています。

また、ウバメガシなど広葉樹林が育たない環境となっており山の活力が失われてしまっています。

さらに山の活力が失われると海の活力も失われ、しいては魚介類の減少の原因の一つにも繋がります。

「あわじ島ちく」は放置竹林問題を解決するとともに、淡路島の新たな特産品として地域の活性化を目指して行きたいと考えております。

あわじ島ちくができるまで

①幼竹収穫
②皮剥ぎ
③カット
④節取り
⑤洗浄
⑥湯がき作業
⑦塩をまぶして保存
⑧1ヶ月保管後のメンマ
⑨完成

商品情報

今年度の商品発売情報は、準備でき次第お知らせにて掲載いたします。商品完成までもうしばらくお待ち下さい。